子宮頸がん検診

【子宮頸がん】

妊娠前の女性が必ず受けておくべき検診です。
ウイルスなどの影響により子宮の入り口部分にできるがんで、性交渉年齢の若年化により20代前半の女性にも見られるようになりました。
妊娠してから子宮頸がんが見つかった場合、初期(0期)なら病巣部をレーザーで焼くか子宮頸部を円錐状に切除して子宮口を縛り、妊娠を継続させます。進行している場合は、妊娠時期によっては人工流産になることもありますが、そのまま妊娠を継続させ出産後に加療することもあります。


引用 はっぴーママ


DSCF0066.jpg


昨日、子宮がん検診に行ってきました。
母と姉に連れられて初めて子宮がん検診に行ってからもう3年以上経過していて、
妊娠する前にもう一度検診した方がいいと姉に言われたので…
今ではほとんどの自治体で、2年に1度の子宮頸がん検診に補助金やクーポンがあるみたいですょ
調べてみるといいかと思います。
本当は毎年検診を受けた方がいいみたいですけどね
20代や30代の若年層にかかりやすいがんと言われていますし…
初めての検診の時はなかなかショッキングでしたけどね(笑) 経験しておいた方がいいかと思います
あと、生理の時には正確な検診ができないそうですょ
結果は郵送で後日送られてくるみたいなのでドキドキしながら待ちます

妊娠と出産 【妊娠するまえに】
妊娠・出産の確立 25%
卵子の老化と精子の老化
排卵日はいつ?
妊娠前に受けておきたい予防接種 【風疹】
子宮頸がん検診
妊婦に必要な栄養素 【葉酸】 


【妊婦としての知識】





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。