箒のある生活

最近では箒の方が珍しいのかもしれませんが… 我が家は掃除機ではなく箒を使って掃除をします
引っ越しをするときに掃除機ではなく箒を買いました! だから我が家に掃除機はありません(*^_^*)
どうして箒にしたかというと… 
たまたま箒のコラム記事を読んで使ってみたい!!って思ったからなんですよ(笑)

DSCF0159.jpg
左から「はたき」「棕櫚箒」「座敷箒」

コラム「なぜ今、ほうきが見直されているのか」

「ここ10年くらいでしょうかね。20~40代くらいの女性のお客さまが増えている感じです。掃除機に比べて、うるさくないし、畳表も傷めません。環境にやさしいということもあります。昨年来の節電ブームで、さらにほうきを使う人が多くなっていますね」

職人が一本、一本、手作りで、ほうきを編んでいる。
1本が6000~1万2000円もする。ずいぶんと高い気がするが、実はそうでもないらしい。

「ほうきというのは、丁寧に使ってやれば、5年から10年もつものです。しかも、最後まで無駄なく使えます」
(最近は、ビニール製のものもあるが、やはり使い勝手はいまひとつだ)

「はたきを1週間に1回でもかけると、ほこりはたまらないものです。ほこりを落とすためじゃなく、ほこりをためないために使うものです」

「ほうきも同じです。単にゴミやほこりを取り去るだけなら、掃除機のほうが優れています。ほうきやはたきを使うことは『ゴミをためない暮らしをしよう』ということです」

確かに、ほうきは日頃の暮らし方を見直すきっかけになりそうだ。

子供に使わせるのもいい。道具を調整しながら、大切に使い切る経験ができる。
普段きれいにしておくと、掃除も楽に済ませられることがわかる。
効率よく作業をするための段取りを考えるようになる。

こうしたことが、自然と身につけられるのだ。

引用 なぜ今、ほうきが見直されているのか



その時箒にいろんな種類があることや数年、数十年と長く使い込んでいけることを知りました

あとはコンセントを探して延長コードに気を配りながら掃除機で掃除するのが嫌いだったってことも大きい要因ですね
もっと自由に掃除をしたいんです!!(笑)



そうじの話 【ほうきの話】
箒のある生活
箒のすすめ
掃き掃除のコツ
座敷箒のお手入れ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。