涼風と風情を… すだれ

やっとすだれを取り付けましたよ(*^_^*) 
新潟県の今年の梅雨明けは8月3日でした!! 平年より10日遅れているそうです
そのおかげかあまり暑くなる日は無く、梅雨らしいジメジメとした日々が続きました(^_^;)

DSCF0255.jpg

【すだれ・よしず】

公家や大名が室内で使っていた御簾(みす)に由来し、竹を細かく割いて太さをそろえ、糸で一本ずつ編んで作りますが、室外用の多くは葦(あし)でできています。

掛け簾と立て簾がありますが、立て簾は一般的によしず と呼ばれています。
基本的には室外の軒下に掛け、窓から10~15センチ位離して吊り下げるのが効果的!

よしずは、3メートルほどの葦を糸で結びつなげて作ります。壁などに立てかけて使います。


【すだれ・よしずのメリット】

●日除けと断熱効果
直接日光が当たるわけですから、日除け自体も暖まって熱を帯びます。
カーテンは帯びた熱を室内に発しますが、すだれやよしずは室外に設置するため、余計な熱が入りません。
特によしずは大きいので、窓辺だけでなく壁に当たる日射も遮り、断熱効果が高まります。

●風通しや換気に対する影響
カーテンは網戸の面をふさいだり、風に対する抵抗となって換気を妨げます。
一方、よしずは建物に斜めに立てかけるので、開口部が大きくて風通しがかなり良い。
すだれも、窓辺から数十センチ離して取り付けられるので、風通しは抜群です。

●目隠し効果
レースのカーテンに比べ、すだれやよしずのほうが目隠し効果が高く、中から外はよく見えるのに、外から中はほとんど見えません。
(ただし、いずれも夜間の点灯した室内は見えてしまいますのでご注意ください)

引用 涼風と風情を呼ぶ部屋~すだれ・よしず



我が家では冬場の収納を考えて『すだれ』です(*^_^*)
よしずは大きすぎて収納するのが大変で…(笑) でも、効果の方はよしずのほうがありそうですね
ベランダとよしずがあれば… 椅子と机を置いて私だけの空間を楽しんでみたいです♪


特別な日と季節の行事 【夏】
文月ふみの日 (7月23日)
暑中見舞い申し上げます
長岡まつり 大花火大会(8月2日3日)~花火に込めた想い~
涼風と風情を… すだれ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。